中勢以は熟成肉の専門店です

相談する いつもの
熟成肉の中勢以Facebookページ 熟成肉の中勢以Twitter
熟成リポート

TOP>「熟成肉の魅力」>熟成リポート>「肉屋の食べ方(特製ハンバーグ〔冷凍便〕基本編)」

肉屋の食べ方(特製ハンバーグ〔冷凍便〕基本編)

2017.8.30

処暑(暑さが止む、の意)。暑さのピークを過ぎつつあるのか、涼やかな夜風が心地よい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回の熟成リポートは、「中勢以 特製ハンバーグ(冷凍便)」の基本的な調理についてご紹介します。精肉店として、冷蔵でお届けするように心がけて参りましたが、その場合どうしても「お肉の都合」が強くなってしまいます。もっと気軽に、お好きなタイミングで食せる商品もお届けしたい。そのような思いから生まれたのが、「中勢以 特製ハンバーグ(冷凍便)」です。当然、食べ方や調理の仕方もお客様のお好みで、とはいうものの、何か指標があってもよいのでは?とのお声を頂戴すること度々。そこで、中勢以が良いと思う調理方法をご提案させていただきます。つくり手ならではのポイントを共有させていただくことで、お客様ご自身の創意工夫が育まれ、新たなおいしさの発見につながるなど、おたのしみいただければ幸いです。なお、調理例はあくまでもほんの一例です。お客様のお好みでおたのしみください。


基本の流れ:
  1. 自然解凍(清潔な皿の上で、室温で60~90分ほど)
  2. なるべく触らず、そっと蒸し焼き
  3. 調理時間は、解凍後から12分ほど。
 

主な材料:

・中勢以 特製ハンバーグ(冷凍便)
・サラダ油
・付け合わせの野菜など(本レシピではポテト)

※召し上がる際には、塩、胡椒、オリーブオイルなど。

 

お肉の扱い(下準備):

・室温で戻す(清潔なバットや皿の上で、室温で60~90分ほどを目安)

 


火入れ:


1)フライパンを強火で熱し、サラダ油を敷く

2)自然解凍したハンバーグをそっとフライパンに置き、焼き色をつける【1分間ほど】。コツはそっとしておく(不必要にいじらない)ことです。


 

 

3)焼き色がついたら、ハンバーグを返す。裏側も同様に焼き色をつける【1分間ほど】


 

 

4)ハンバーグの分厚さの1/3程度が浸る水を入れ、弱火にして、フライパンの蓋をして蒸し焼きにする【5分ほど】



 

 

5)蓋を開けて、水分が飛んでいることを確認してから、火を止めて休ませ、余熱調理する【5分ほど】。水分が残っている場合には飛ばしてください。

6)パンパンにふくらんだハンバーグの中央部分を、竹串などで指して透明な肉汁が溢れれば完成!


 

 

7)召し上がれ!


 

味付けは、塩と胡椒でどうぞ。ナイフを入れた瞬間の湯気と肉汁をお見逃しなく。肉味が正面から迎えてくれます。また、お好みでオリーブオイルをまわしかけると、味の輪郭が引き立ち、まとまりが良くなる印象です。

まとめ:

中勢以 特製ハンバーグ(冷凍便)は、中勢以の熟成牛肉に加え、コクやうま味を引き立てるための豚肉を絶妙な割合で加えています。それゆえ、塩と胡椒、というシンプルな味付けでこそ、肉味やコク、うま味、甘みを感じていただけると思います。シンプルでありながら奥深い味をおたのしみいただけた後、創意工夫の世界をおたのしみいただければと思います。お客様のお好みで、焼き加減はもちろん、付け合わせの野菜や、こだわりの塩や醤油、柑橘系果実の果汁、ソース、様々な調理方法のアレンジを加えていただければと思います。

 

応用:

煮込みハンバーグ(次回熟成リポート予定)、ハンバーガー、サンドイッチなど、多様なアレンジをおたのしみください。

 

 

記事一覧へ